こちらは2016/10の投稿です。

こんにちは筋膜LABです。

今回はハノイの日本人テニス大会のサポート日です。

img_3211

参加者は応援を含め約100名。

暑くも寒くもなく、絶好のコンディションに恵まれての大会開催となりました。

天狗の手のブースはプールサイド。

まずは少しでもたくさんの方に筋膜リリースを、そして「KIN.MAKU LAB」を知っていただきたい!そんな願いで今回の機会を設けていただきました。

img_3213 img_3217 img_3224

それが。。

どうしたことか、今回の大会は怪我人が続出する事態に。

膝の捻挫、肩の亜脱臼、ぎっくり腰、全身攣った方。次々に運ばれてきます。

いえ、それ以前に普段から痛みに耐えていらっしゃる方々がこんなにもいるのかというくらい次から次へと体験ブースに。

どの方の悩みも深刻で

「良かった!こんなところができないかと心待ちにしていました。」

「いつオープンですか?早くしてください。」

「今までずっと我慢してました。助かります。明日から予約は可能ですか?」

の嬉しいお声をたくさんいただきました。

ブース開店は8時の予定でしたが、待ちきれず7時から開始。終了も90分延長しての休む暇も無い大盛況。

img_3221 img_3219

最後には主催者参加者全員から「今日はなぜか怪我人続出。でも、筋膜リリースのおかげで助かりました。KIN.MAKU LABの皆さん、本当にありがとうございました!」と拍手とお礼の言葉をいただきました。

img_3226

暑くもなく寒くも無いということで普段以上に動けたこと、そしてここ数日の過ごしやすい気候に水分摂取が足りていなかったことが怪我人続出の原因だったと思います。

日本を出てハノイ、そしてハノイ近郊で活躍される皆様、サポートするご家族に私たち天狗の手が「KIN.MAKU LAB」の存在を知っていただける最高の1日でした。

何より、予想を上回る皆様からの嬉しいご期待。アジアに出て本当に良かった!

次はゴルフ大会。日本人の方だけでなくベトナム人の方々にも広めていきます。

ベトナムオープンまであと5日。

こちらに来て新たに芽生えた私の目標。

「ベトナムに体育の授業を作る。」「体育では運動、集団行動だけでなく立腰、食育といった日本で行われている教育を取り入れ本当の意味での「体の教育、健康の教育」を行い、健康への意識を高める。

日本の歩む高齢社会、医療費の財政圧迫という道と違う未来をアジアに作りたい。

アジアに何かのモデルが作れればそこから日本に逆輸入できないか。両親が早くに亡くなってからずっともやもやとあった私の願いはようやくスタートラインに立ったばかり。

ベトナムに来て多くの方々と出会い、そして宮崎で応援してくださるたくさんのご利用者様と仲間のおかげで何ができるかがはっきりとしてきました。

宮崎は国内でも最も早く高齢化も医療福祉の問題も次から次に起きるでしょう。

。少しでも良い未来を作りたい。そのために自分たちのできる全力を出し切って筋膜リリースをそして「姿勢と健康」を広めていきます!

大会主催者の皆様、参加者の皆様、何よりこの縁を結んでくれた私の大切な友達、ありがとうございました!

コメントは利用できません。