こちらは2016/9の投稿です

こんにちは、筋膜LABです。

ハノイでも大好評の「姿勢と健康」講座。

今回はハノイのテニスクラブにて。

まずはテニスの練習を見学、コーチより生徒の方々の体の使い方の話を伺います。

一番の心配は肘を痛める方が多いということ。

手首から肩までの連動がうまくできていないと肘から先しか動かず、肩や肘を痛めてしまいます。

そこから五十肩になる人も。

腕の使い方が気になるという生徒さんをコーチからピックアップしていただき、筋膜リリースと関節調整を行います。

img_2819img_2820

ハノイではテニスやゴルフを楽しむ方が多い反面、故障に悩まされる方も多いようです。

セルフケアを覚えることで故障なくスポーツを楽しめる体を、もっと欲を出してパフォーマンスアップまで狙います。

そのために、まずは筋膜の大切さを知ってほしい。

体験施術後、大きく上がった関節の可動域にコーチも本人も大喜び。

場所を移してコーチのお宅へ。

本日のセルフケア。下肢作り。土踏まず、膝、股関節のセルフケアを生理学解剖学を交えながらしっかりと学びます。

img_2812img_2815

バタバタの研修でしたが、大好評でした。

12月に行われるテニス大会に選手のケアのために協賛させていただくことにもなっています。

大会までにしっかりとケアを。

天狗の手は皆様のスポーツライフをサポートします。

コメントは利用できません。