こんにちは筋膜LABです。

ベトナムはハノイからお届けします。

 

2週間前に1回目を行ったのですが、皆さんのあまりの熱心ぶりに写真が一枚も撮れず公表は持ち越しになりました。

本日は2回目。場所の関係で最大10名程度しか入れず、予定人数を多少オーバーしての嬉しい2回目です。

参加者の方はJICAスタッフを中心としたメンバー。

初回は「姿勢とは何か」ハイハイや寝返りを交えながら学びました。

今回はまず前回の復習後、どうすれば良い姿勢を作れるのかといった実践を学びます。

今日の目的は土踏まずから股関節への運動神経伝達の再教育。

①土踏まずのリセットコンディショニング

②膝関節のリセットコンディショニング

③土踏まずから股関節の再教育

まずは土踏まずの運動神経をチェック

img_2769

内側縦アーチ、外則縦アーチ、横アーチのどこが弱いのかをチェック。

その後、リセットコンディショニングで足部から膝までの関節や筋膜をセルフで緩めます。

img_2771img_2772

その後、土踏まずから股関節までの運動伝達が正常に入るまでのコアトレーニング。

一連の流れで姿勢の下半身の機能を取り戻します。

日本から離れた異国の地で健康に気遣い生活する方々にとって、セルフケアのトレーニングはとても大切な宝になります。

次回は上半身。

来週はテニスクラブの体作り。11月中旬にはハノイの幼稚園で「姿勢と健康」講座を行います。

日本で生まれた「姿勢」という文化をアジアに広めたい!

 

筋膜リリースと関節調整で健康な体作り!皆様のご利用をお待ちしております。

コメントは利用できません。